子育ては実に様々な形態になってきています

子育ては女性がやるもの!?

子育ては女性だけがやるものというのは時代錯誤な考え方と言っても過言ではありません。女性の社会進出で共働きが当たり前になり、中には男性よりも稼いでいる人も大勢います。立場が逆転して、夫が子育てをする「主夫」という存在も目立ってきています。ただ、今現在は基本的に女性が子育てをして、極力男性にサポートしてもらうという構図が多い模様です。男性がサポートせずに任せっきりにしてしまうと、女性の不満が溜まり離婚問題にも発展してしまいます。

保育所不足、子育てシェア

都市部では保育所が不足し、待機児童問題が深刻です。共働きで子供をどうすることもできず、無理な生活を続けることで心身共に疲弊するという悪循環が発生しています。両親が近くに住んでいて預けることができれば良いのですが、すべての方がそういう状況ではありません。そこで登場してきたのが子育てシェア。子育てシェアとは顔見知りのグループで協力し合うネットの仕組みで、助けてもらったら五百円程度を支払います。あくまで顔見知りで行うので安心感があります。

子育ては、その時だけの大切な時間

子育ては、大変とは言っても、親子にとって大切な時間です。その時の大変な思いや嬉しい出来事は一生に渡って記憶に残ります。だからこそ、忙しいからと言って誰かに預けっぱなしにするということは、もったいないことなのです。忙しくても、できるだけ自分たちの力で育てていくということを根底としたいですね。いかがでしたか?会社には育児休暇というものがあるはずですが、形骸化している場合も少なくありません。子供を産み育てるという当たり前のことを負担なくできる社会にしていくために、一人一人が社会に訴えかけなければなりません。

主婦のパートの種類には、スーパーマーケットの店員や、事務員や、保育補助や、ビルなどの清掃作業員などがあります。