利用者にとって経済的に御得なマンスリーマンションと瑕疵物件の関係

短期利用は経済的に御得。

マンスリーマンションとは、家具・テレビ・冷蔵庫などが始めから備えられた短期型の賃貸マンションのことです。マンスリーマンションは敷金や礼金が不要で、ハワイなどの観光地で多いコンドミニアムのような使われ方がされます。家具や敷金、退去費用等を考慮すると短期で利用した場合は一般の賃貸物件より割安ですが、長期で利用すると費用的には不利になる傾向があります。現在ではホテル並みに、洗剤や石鹸等の生活備品を揃えた物件も出てきています。

安定収益が見込めない物件に金は貸さない。

マンスリーマンションは利用者側からすると便利で経済的に思えますが、大家さんの立場からすると一概にも得なことばかりではありません。一般の賃貸物件であれば、資金や礼金が大家に入り、毎月決まった家賃が自動に振り込まれます。しかし、マンスリーマンションの場合は短期契約が主ですから、収入の見込みがし難い問題点があります。収入の見込みがし難い物件に融資をする金融機関はありません。つまり、マンスリーマンションを前提としたマンション造りは通常ないことになります。

なぜ、マンスリーマンションが存在するのか?

駅や病院などに近い優良物件であれば、安定的な収益が見込める一般賃貸物件のほうが大家にとっては特です。しかし、優良物件であろうが不良物件であろうが大家には税金や保険などの支払い義務が生じます。優良物件であれば多少の瑕疵もお構いなくに部屋はうまりますが、事件や事故などの瑕疵物件であれば近隣住民に知れ渡り、長期間住み続けるような人が入居されると地域とコミュニケーションをとり瑕疵物件であることが知られてしまいます。マンスリーマンションの中には、一般賃貸物件では貸せれない理由があるものもあるので注意しましょう。

マンスリーマンションは短期賃貸マンションの事で、ウィークリーマンションとも言われます。1週間単位や数ヶ月単位で借りる事ができます。