万が一介護が必要になったら?介護認定について知ろう!

介護認定の申請をしよう!

ある日突然家族に介護が必要となってしまうこともありますよね。そんな時はまず何をすればいいのだろうと、悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。もしも介護が必要になったらまず市役所に行って介護認定を受ける必要があるんですよ。介護認定とは介護が必要になった人のための制度で、認定を受けるといろいろなサービスが受けれたり、介護にかかるお金の一部を補助してくれたりする制度なんですよ。その為介護が必要になったら、すぐに介護認定の申請を受けるようにしてくださいね。

介護認定には7つのランクに分かれている!

介護が必要になった場合、自分である程度出来る人もいれば寝たきりの人もいますよね。その為その人の症状に合わせてランク分けがされていて、そのランクに合わせて受けられるサービスも変わってくるんですよ。ランクには比較的症状が軽い場合の要支援、症状が重い要介護の2つに分けれていて、要支援は1~2のランクに、要介護は1~5のランクがあるんです。また数字が大きくなればなるほど症状が重くなります。このランクは一度決定しても定期的に見直されるので、症状が悪化すればランクは上がるし逆によくなればランクは下がるといったシステムなんですよ。

介護認定を受けるとどんなサービスが受けられるの?

介護認定を受けるといろいろなサービスを受けることが出来ると聞くけれど、いったいどんなサービスが受けられるの?と疑問に思う人もいますよね。まず自宅で受けられるものに訪問介護などが受けられます。訪問介護はホームヘルパーの人が来てくれて、身の回りのお世話をしてくれるんですよ。在宅以外にも朝~夕方まで面倒を見てくれるデイサービスや、短期間施設に宿泊して日常生活のお世話をしてくれるショートステイなど様々なサービスが受けられるんです。

介護に就職するにはヘルパーの資格は必須資格です。ヘルパーの資格は要介護者の介護をしても良いという資格です。