賃金条件が気になる方は、責任のある保育士には向きません。

保育士と介護士は低賃金で知られています。

保育士は何時の時代も憧れの職業にランクインしますが、実際に成り手が多い職業かといえばNOです。保育士になるには短大や大学の保育科に進学するのが一般的です。保育士資格の難易度は看護師免許ほど難しくはなく、給料は低賃金で知られる介護士と然程変わりはありません。保育士でも認可保育と無認可保育では求人内容が異なり、認可保育であれば初等教育の前段階としての特徴がありますが、無認可保育になると保護者の為の受け皿としての特徴が強くなります。

保育士の責任は、認可保育と無認可保育で違いはない。

認可保育と無認可保育では保育士の責任が違うかといえば変わりはありません。駅前の雑居ビルに入る無認可保育では、夜の仕事をするお母さんの子供を保育することもあり、決まった時間に引き取りに来ないのも日常茶飯事です。認可保育であれば保育士数や施設の有無などの基準をクリアする必要がありますが、無認可保育であればいい加減な管理のもと保育が行われているケースもあります。保育士資格を要するということは、保育に関する法律知識を要していると判断されるので、例え無認可保育の従業員であっても保育士であれば責任は免れません。

低賃金でも保育士は理想な結婚相手。

無認可保育全てが悪かといえばNOです。国など行政機関の制約を受けずに理想な保育をするために、あえて無認可保育を行うところもあります。保育を金儲けと考えるとこで働くと、そのシワ寄せは必ず保育士にきます。求人で気になるのは給料です。給料の高さで勤務先を選んでいる貴方は、保育を金儲けと考えている者と然程変わりがないことを自覚しましょう。保育士イコール優しい、理想な結婚相手としての価値は今後もしばらくは変わりそうにないので、多少給料が低くても好条件の結婚相手を見つけるまでは我慢も必要です。保育士と介護士はどちらも低賃金ですが、保育士には対象者に未来があります、介護士には人生の徳を積むことができます。

都市部を中心に保育園などの保育施設がが増加傾向にあることから、保育士をはじめとした保育園の求人が増えています。