資格は認定する機関によって3タイプあります

資格の時代ではありますが資格はたくさんあります

女性が再就職するには資格が必要と、資格で自分に対する付加価値を高めておきたいという風潮が高まっています。現在日本には、約1500種もの資格があって、今後もまだまだ増え続けるといわれています。ところがその資格の内容は多種多彩、医師や弁護士など社会的評価の高いものから紙切れ同然、儲かったのはそれを認定する学校だけという資格もあります。自分にあった資格、しかも再就職に役立つ資格を選択するのは容易ではありません。資格に対する正確な情報把握が必要です。

国家資格は法律に基づいているのでレベルが高い

資格とは「その事柄に対して一定のレベル以上の知識と、それに伴う技能・技術がある」ことで、これをクリアした人に与えられるものです。問題なのは、その「レベル以上」と認定するのは誰なのかで付加価値も違いますし、再就職にも役立つかどうかが決まります。資格の認定を与える機関は大きく3タイプに分けられます。国家資格は、国の法律に基づいて、国や都道府県が個人の知識・技術・技能などを判定して与えるものです。医師や弁護士、看護師などもこれに含まれて最もレベルが高いとされています。

就職にあたって資格が必要なのか

資格には、国家資格の他に「準公的資格」と「民間資格」があります。準公的は財団法人や社団法人が、厚生労働省や経済産業省など国の機関から業務委託を受け、判定して資格を与えるものです。簿記や珠算、商業英語など数え切れないほどあります。これに対して「民間資格」があります。文字通り民間の団体が認定・付与する資格ですが、あくまでもその団体の基準に基づいているので、難易度はピンからキリまであるので良く調べなければただ取得しただけということになります。再就職にあたっては、資格がなければ働けないのか、資格が無くてもその仕事につける職業なのかを検討する必要もあるのです。

シングルマザーの仕事として在宅勤務が人気があります。近年、アクセサリー作りやライター、また自宅でカルチャースクールを開くなど、選択の幅が広がっています。